幼児教育で大切なことは五感!遊びながら楽しく学び天才を育てる | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

幼児教育で大切なことは五感!遊びながら楽しく学び天才を育てる

幼児教育と聞いて何を連想しますか?英語ですか?体操ですか?音楽ですか?どれも早くに学ばせてあげたいと思うママさんには子どものためにと何かを与えてあげようと素晴らしいお考えですね。子どもは無限の可能性を秘めています。

 

でも少し待ってください。その前にどうして幼児教育をするのでしょうか?何を一番に考えて私たち大人は教育を提供するのか、じっくりと考えてみたいと思います。当たり前のことのようですがこのことを常に念頭に置き子どもと接していけたらお子様は光り輝く大人へと成長していくこととなるでしょう。

 

幼児教育って何?その意味と重要性

 幼児教育とは小学校に入学する前の子どもたちを対象にした教育のことです。古くからの日本のことわざには『三つ子の魂百まで』という言葉がありますが、その言葉のように幼いときの教育が大切であるということが近年注目されています。

 

幼児期はいろいろなことを学ぶ時期ですよね。基本的な生活習慣を学んだりその子の性格を形成したりするとても大切な時期です。

 

その大切な時期にいろいろ学ぶことでその子の将来の可能性を広げることができると幼児教育はママさんたちからとても注目されているのです。

 

子どもは見るもの触れるもの聴くものすべてにおいて心が躍ります。大人と違ってすべてに反応をします。この反応こそが感動、感性に繋がっていくのです。

 

だからこそこの時期の子どもなは失敗も経験として様々なことにチャレンジさせましょう。その土台こそがすべてを生み出していくのです。

 

そしてどんな事でも楽しさという観点を基準として考えて頂きたいと思います。楽しさを覚えるとき人はワクワクを覚えます。そのワクワクは心が弾み感動しています。その感動こそが成長の原動力となり五感の育成に繋がっていくのです。

 

幼児教育をさせたいと考えたとき、その子どもが楽しさをそこに覚えていればそれはどのようなものであっても必ずそのスキルは身に付くでしょう。

 

幼児教育では五感が大切!楽しく学ぶ心を創る

 そんな昨今注目されている幼児教育ですが、その幼児教育で大切なことっていったい何でしょうか?

 

それは『五感』です。五感とは、『視覚』『聴覚』『臭覚』『味覚』『触覚』のことです。五感を常に感じる豊かな心を持つこと、これが一番大切なことです。

 

目で見て、耳で聞いて、匂いを嗅ぎ、味を感じて、肌で触る、それが豊かな心を創ると思います。その心を創ることが幼児教育で最も大切なことではないでしょうか。

 

子どもは好奇心の塊と言っても過言ではありません。どうして?なんで?の連続です。この好奇心が強いときに生きていくうえでの重要な人格が形成されます。

 

五感を感じることは伝達神経を刺激することによって脳を活発化させます。つまり五感を育むことは脳の発達を促すことに繋がっていきます。

 

子どもは何の先入観をもたない純粋な心をもっています。この真っ白な心の状態であるときに様々なことを学ぶことで豊かな心を創っていってほしいものです。では子どもたちがその五感を感じられる感性を育むためにはいったいどのようにしたらよいのでしょうか。

 

幼児教育に大切な五感を育むためにやるべきこと

 

五感を鍛える・五感を育てるとはよくいいますが、では具体的にどのようにすればいいのでしょうか。一番は『遊ぶこと』だと思います。とくに外で遊ぶことや自然に触れることが大切です。

 

泥だらけになりながら駆け回り、自然に触れることでいろいろなことを学びます。時には怪我をして何をしたら危ないのかを学ぶこともあります。草木や花、昆虫や動物に触れ、風を感じることで脳が刺激されます。

 

また外にでれば同じような子どもたちと出会います。友達ができるとコミュニケーション能力が身につき、その日々が繰り返されることによって体力もつきます。

 

外で遊ぶことが子どもにとって一番の刺激になり、五感をフルに使うことで豊かな心を育むことができます。五感を育むためにまずは外遊びをたくさんすることが大切です。

 

歌にダンスに英語に算数!人気な幼児教育の習い事と種類

では具体的に幼児教育のためにどんな習い事をさせているのでしょうか。

 

歌やダンスはとくに女の子に人気があります。ほかにも英語に算数などお勉強のようなものも人気です。自宅で行うだけでなく、幼稚園や保育園など園で行うところも増えてきています。どんな幼児教育を行っているのかが保育園や幼稚園を選ぶときの参考になっているようです。

 

例えばリズム遊びからは、音楽に合わせて踊ることでリズム感が育ちます。歌を歌うことで心が安定して豊かになり、感じたことを歌やダンスで表現することで表現力が身に付きます。子どもたちが楽しみながら学ぶことができるのでとても人気があります。

 

幼児教育に大切な五感を育てるために人気なおもちゃの種類を紹介

五感を刺激しながら楽しく学ぶことが大切な幼児教育。そのためにいろいろなおもちゃがあります。どんなものが人気なのでしょうか。お子様の月齢によっても変わってくるので一概にはいえないと思いますが、人気があるものをタイプ別に分けてみていきたいと思います。

 

1.リズム感を育てる音が鳴るもの

子どもたちは音がなるものが大好きです。音が鳴るおもちゃは赤ちゃんから使用できるものが多いので早い月齢から使い始めることができます。音楽はリズム感や豊かな感性を育むことができます。子どもたちも音がなるものや音楽が好きなので興味ももちやすく楽しく遊ぶことができます。

 

2.空間認識能力を高めるパズルやブロック、積み木等

パズルはいろいろな角度であてはめていく、考える能力を培い、ブロックや積み木等は積み重ねたり組み合わせたりすることで多種多様な形へと変容します。同じものを使ってやり方次第で違ったものを作り出し完成せせることの仕組みを遊びながら学びます。

 

3.記憶力を高めるカードなど覚えるもの

親子で一緒にコミュニケーションを高め考えながら、言葉や文字、数字に対する興味や関心につなげ記憶として残します。神経衰弱などの遊びは知能思考を強くするでしょう。

 

4.芸術性を身に着けるお絵かきや塗り絵

右脳を無意識に使います。綺麗に描いたり塗ったりすることが目的ではありません。好きな色を使って自分が思いついたままをやること、めちゃくちゃにはみ出そうが関係ありません。

思いのままにやらせましょう。色彩感覚の豊かさを学びますし、指先の細やかな神経を刺激することで脳に働きかけます。

 

5.想像力を掻き立てる絵本

幼児期における本の読み聞かせは思考、想像力を養います。そして話の本質を理解する力を育てることができます。言わば読解力の強い子となるわけですが「本を読む子は頭が良い」と言われる由縁なのでしょう。

 

6.大脳の刺激を培う粘土遊び

触れることによって手から伝わる、冷んやりしているとか柔らかい、といった感覚をもち、こねたり、握ったり、丸めたり、ちぎったりと直接触れて大脳へ刺激が伝わり大脳を活発化させます。幼児がうっかり食べても問題ないように小麦で作られた粘土等工夫されているものもあります。

 

 まとめ

  • 幼児教育とは性格や基本的生活習慣を身に着ける幼児期に行う教育のこと
  • 幼児教育には五感が大切である
  • 五感を身に着けるためには外遊びをやるべきである
  • 幼児教育のために歌やダンス・英語や数学などが人気な習い事である
  • 五感を育てるために、音が鳴るもの・パズル・ブロック・カード・絵本・お絵かき・粘土などのおもちゃが人気である

いかがだったでしょうか?重要なことは五感を常に感じる豊かな心を持つことを根底におきたいということです。大切なことは「何をやらせるのか」ではなく子どもたちが「楽しんで行うこと」これが一番に大切なことなのです。