子どもの発達障害 生きづらさを解消させる方法とは | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

子どもの発達障害 生きづらさを解消させる方法とは

発達障害とはどのようなことなのでしょうか。

脳の一部の発達障害といわれています。これは先天性の問題であるようです。

発達障害については詳しくは病院へ行き、正しく医師の診断をあおぐことで悩みや苦しみから解放されることが必要であると考えます。

 

発達障害については治療は困難とされていますが、病院での診断を受け止めて特徴や症状を理解することで周りの人々と上手に付き合うことも可能であるため一人で悩まずまずは特徴を受け入れ理解することが生きづらさをなくす唯一の方法であると考えます。

 

発達障害の特徴、特性を理解する重要性

子どもを育てている中で何か違う、何故うちの子は…と悩んでしまったりすることはありませんか?最初は何となくうちの子って変わってるなあくらいに考えていたのに、ある一定の期間を過ぎてもやっぱり変ってる?最初は幼いからだと自分を納得させてきたけれど…そのように悩みだす親も多いのではないでしょうか。

 

発達障害の子どもたちはいたって普通です。なのでよくみていてあげないと親でも気付かず見過ごしてしまうことが多いようです。親がいち早くその特徴、特性に気付いてあげて正しい知識のもとに接してあげられたら子どもにとってはそれは救いとなるでしょう。

 

発達障害の特徴を本人たちにしてみれば理解すること、気付くことは困難であるからです。知らず知らずのうちに自分が生きづらさを感じていくことでしょう。

 

そして親自身がそんなことは絶対にない、我が子に限ってあるわけがないと否定から入ってしまうとそれは子どもにとっては唯一救われるよりどころを失ってしまうことにもなりかねませんので、まずはどういった診断がくだされようとも受け入れるという柔軟な気持ちでいることが大切です。

 

発達障害PDD、(アスペルガー症候群、自閉症)やADHD、LDなどについて

発達障害と一言で言っても脳生涯の機能障害の特徴があるので、まずどの部分があてはまうのかを認識する必要があります。大まかではありますが以下のとおり分類分けされています。

 

★PDD(広汎性発達障害)の中に位置するアスペルガー症候群、自閉症

・他人とのコミュニケーションをとることが難しく、対人関係を苦手とし社会生活をおこることが困難

・常に一定のワンパターン化した行動であったり偏った興味や関心を持つ

・器用ではない

 

★ADHD(注意欠陥多動性障害)

・集中して一つのことを継続することができない

・ある一定の期間であってもじっとしていることが困難

・考えるまえに行動してしまう

 

★LD(学習障害)

・読む力、書く力、計算する力などの勉強面での能力が極端に低い

 

発達障害なのか!?ポイントチェック

発達障害はひとつの障害として診断されるというものではありません。これらすべてにおいて重複した要素を持ち合わせているという場合が圧倒的に多いようで、病院による診断は心理テストを行い、IQを知る要素と絡み合わせながら多方面から突出した高い能力や極端に低い能力をグラフに表し総合的な判断がされます。

 

  • ものごとを順番に順序立てて要領よく行うことができない
  • ひとつのことをしているときに違うことを要求されると先にやっていたことが抜け落ちてしまう
  • 時間を守ることができない、約束を守ることができない
  • 忘れ物を頻繁にしてしまう、ものを無くしてしまうことが多い
  • ひとつのことに集中すると没頭して他が考えられない
  • じっとしていることができない
  • 自分の中で相手が何を怒っているのかわからない、人の気持ちを理解することができない
  • 周りの人が普通にできることができない
  • 興味のないことには関心を向けることができない

 

発達障害は遺伝的要素が大きいの!?

 

現状、発達障害は遺伝的要素が大きいと考えられています。身体的な障害ではないため周囲の人間からは一見してわからないものであるため親のしつけなどの環境の責任にされがちです。

 

ですが研究が進んでいる今の世では明らかにしつけによる問題あるいは愛情不足による問題ではないと裏付けされています。家族間で発生率を見た場合発達障害を持つ家族とそうでない家族を比較した場合に起こる発生率は、発達障害のある家族にやはり出やすいということで因果関係は認められているのが現実です。

 

ですからこのような研究の中で脳の機能性障害は遺伝的な要因が大きく関係していることもわかってきました。しかしその先天的な要因に加え、後天的な複雑な環境的要因も含めて相互に影響しあって障害となる説もあります。

 

現代の医学的見解においては遺伝的要素はからんでいるとは言われていますが特定には至っていません。遺伝子の特定には至っていないということです。それは親の遺伝子がすべて子どもに受け継がれ発達障害になるわけではないということを物語っています。

 

うちの赤ちゃん発達障害!?見分けられるの!?

ある程度大きくなると多少なりとも子どもを注意してみてあげられることで親として気付くことは可能です。しかしもし月齢もいかない赤ちゃんだったらどうでしょうか?一般的には3歳を過ぎてみなければわからないというのが現状なようです。

 

確かに脳機能障害というのは身体的には普通であるため生活していく中であれ?何か違う?という疑問から始まります。ですから赤ちゃんのうちに気付くことは困難であることがわかります。

 

では親はいつ気付くのでしょうか。これも一般的な話になりますが、おおよそ12歳前後で気付かれる方が多いようです。小学校での生活を先生から聞いて気付く人もいれば、最近では発達障害について詳しく知識のある先生方が増えてきたため、先生から受診を勧められて気付く親もいるようです。

 

学校生活という集団生活の場で他の子どもとは違う何かに気付いた時診断を受けてみようと感じる親が多いようです。どちらにせよ、子どもにとってどうしてあげたら一番良いのかを考えた時親として取るべき行動は必然的に決まってくるでしょう。

 

発達障害、特徴や症状を理解することで一歩を踏み出す

一見、発達障害を持ち合わせている人は身体的にはごく普通であるため生活態度から一見、家庭環境における甘えではないかと非難、誹謗中傷を受けやすい傾向にあります。しかしそれは、普通にできる側の見方からすれば無理もないところです。

 

そのため発達障害を抱える本人にしてみれば頑張ってやっているのに最終的には常に人から怒られ敬遠されるといった生きづらさが生み出されることとなるのです。

 

特に子どもは自分から判断することができないので、近くにいる親が子どもの様子にいち早く気付いてあげることが子どもを守ってあげることにつながります。発達障害を正しく理解し対策を講じながら生きていくことで十分生きづらさを感じることはなくなるでしょう。

 

発達障害であると認識することができないまま大人へと成長することは、社会生活に支障をきたすばかりでなく社会から孤立してしまうことにつながっていくでしょう。子どもを守るのは親の務めです。気付いているのに気づかないふり、つまり親のエゴで子どもの将来を不安定にするのはやめましょう。子どもを愛するがゆえ、迷うことなくおかしいなと感じたら病院の診断を受けさせましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?この発達障害について考えた時、発達障害であるから不幸と決めつけるのはやめてください。受け入れて正しく理解することで幸せにつながります。理解できないまま学校生活や社会生活を送ることは生きづらさを感じるものです。

 

何より理解してその直面し得る問題にどう向き合うか、どう行動するかを構築していくことが大切です。この問題を解決することなく生きづらさを解決することはできないでしょう。

 

この記事のまとめ

  • 発達障害の特徴、特性を理解する重要性
  • 発達障害、PDD(アスペルガー症候群、自閉症)やADHD、LDなどについて
  • 発達障害なのか!?ポイントチェック
  • 発達障害は遺伝的要素が大きいの!?
  • うちの赤ちゃん発達障害!?見分けられるの!?
  • 発達障害、特徴や症状を理解することで一歩を踏み出す

YouTube子育てシリーズ

子育てシリーズ第2弾

子育てシリーズ第3弾

スポンサードリンク



サイトマップ

スポンサードリンク