反抗期がないのは危険?実は深い関係にある不登校問題 | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

反抗期がないのは危険?実は深い関係にある不登校問題

昔から子どもが反抗期で困っているという家庭はどこにでもあったものです。しかし最近ではうちの子どもは反抗期がないのよ、楽で助かるわなどと思っている家庭も少なくないようです。

反抗期があるとそれは親として悩みますし、ないに越したことないと思いますよね。

でもちょっと待って!!本当にそれで大丈夫ですか?安心していられるのでしょうか?

最近問題化している不登校の問題、実は反抗期のない子どもほど不登校に陥りやすいという実態があるようです。

ではどうして反抗期がないことと不登校が!?ということを考えてみましょう。

反抗期の意味を知り対処をしましょう

大人に成長するとはどういうことなのでしょうか。どんな意味があるのでしょうか。

思春期にはいると子どもは親の言う言葉に対して何らかの自分なりの感情が芽生えます。

その感情が親と一致していれば反抗することもないのですが、ちょっと違うと感じれば、イライラしてみたりうざいと親と口をきかなくなる、口答えをする、無視をする、嘘をつく。

どのような接し方をすれば良いか途方にくれたりすることもあるでしょう。場合によっては手に負えなくて大喧嘩になってしまったり。

この子どもの反抗期を迎える親にとっては大変な試練のときでもあるかと思います。ストレスも抱えることでしょう。でも反抗期って実はあって当然なんですね。

反抗期を迎える子どもは自分という一つの人間として成長過程で自我をだす行為のひとつです。

反抗することは自分という人間を主張しているということに他ありません。自分を主張出来るってすごいことだと思います。

自分の心に自分を閉じ込めていないということがどれだけ解放できているかということです。

この解放の度合いによっては親も対処に困ったり、イライラしてしまったりとか、気持ちの動揺がおこるわけですが、時間が解決してくれることがほとんどなのであまり深刻に受け止めないでこの反抗期に来たら少し子どもと距離を置く感じで過ごしましょう。

可愛いと思える程度で済む子どももいれば、暴れたり家を出てしまったりとすごいことをしてしまう子どももいたりと千差万別です。

しかしどれも自分を出すことができる子どもと捉えることができます。嫌だなとかうざいなとか思ったことを子どもは表現しているのです。

子どもが反抗期に入ったら親としては心の葛藤があるでしょうがこの時期を逆に楽しむくらいに親はおおらかでいたいものです。

そして問題なのはこの表現できない子ども、つまり反抗期がない子どもたちが近年増加傾向にあります。

反抗期がない!それって本当に良いこと?

反抗期がないとは言い換えれば自己主張ができないとも捉えることができます。もちろんすべての子どもがそうであるとは申しませんがその傾向があると捉えることができます。

自分をだせない、ノーと言えない子どもたち・・・生きていくうえで息苦しさを感じているのです。この生き苦しさから不登校になってしまうの子どもたちが多くいるのです。

これという理由もなく不安を感じて学校へ行けない。自分自身を見失ってしまうのです。心に病をもってしまいます。

これは自分の自信のなさや自分の存在そのものがわからなくなってしまう不安恐れから始まっているようです。

親が子どもを育てる過程で、○○ちゃんこうしなさい、ああしなさいと常に指導されている子どもは主体性が育ちません。

あれをしたい、これをしたいということをしてこなかった場合、自分から発信することができなくなってしまいます。

その結果自分から何をしたいのか、どうしたいのかがわからなくて常に指導されないと動くことができなくなってしまうのです。

学校という一つの子どもたちの社会生活のなかでは、常に親を頼ることはできないので、ある程度自分というものをもって社会生活を送らなければなりません。

しかし自主性、主体性が育てられてこなかったため子どもは戸惑いを覚えると同時に不安感が強くなるのです。

その結果学校という子どもの中のいわゆる社会が子どもを苦しい状況に追い込んでいくのです。ですから反抗期はないよりもあった方が良いのかなと思います。

子どもの自主性・主体性が失われている!反抗すらできない生き辛さの解決とは?

反抗期がないということを単に良かったと済ますことなく、少し子どもの様子をみてあげましょう。中には主体性を持てず、エネルギー不足の子どもになってしまっているかもしれません。

自分がやることに自信が持てず迷いがあり、どうしてよいかわからないエネルギー不足の子どもたちを支援したり解決に導いてあげられるとしたらそれはどのようにしてあげたらよいのでしょうか。

子どもの持つ特性もあるので一概には言えないところではありますが、自主性、主体性を育てるのに本来やるべきことはもっと幼少のころに子どもの話を全部受け止めて聞いてあげたり、いろんなことにチャレンジさせることです。

それがちょっと臆病になってしまったとしても工夫しながら一緒にやってあげたり。子どもを外の世界に引っ張ってあげるくらいの気持ちで接しましょう。

そしてそのためにはあれしてはいけないとか制限をかけたりしてはならないです。子どもを自由にのびのびと育てながら自立心を養いましょう。

今からでも遅くはありません。不安を取り除いてあげることからです。そして好きなことを好きなだけやらせてあげることです。自立心や主体性を身に付けることはその延長上にあります。

やりたいことが見つからなくても楽しいことをやっていればそれは笑顔へとつながり、不足しているエネルギーがチャージされ次へのステップへとつながります。

そしてその笑顔は自信へと変化していくのです。まずは子どもが自信を取り戻すこと。それが解決への一歩です。

まとめ

反抗期を経験してその対処法に困っている親も多いのでしょうが、反抗期がないというのも問題であるようです。

不登校の問題にしても子どもが不登校になる前の段階で自分を発信することができたなら不登校の一歩前に解決策を見出してあげることも可能となるでしょう。

子育てにおいては何が良くて何が悪い、何が正解かなんてわからない世界ではありますが、反抗期においては、親がきちんと子どもの個性をとらえて対処してあげてさえすればそれほど難しいことではないのではないでしょうか。

今までのような社会性であれば上司と部下、学校生活であれば、先輩と後輩といった上下関係を重んじてきた時代はもう終わりです。

社会やスポーツの世界においても上からの指示や圧力のようなアップからダウンへの時代は変化していくでしょう。

世の中が変容していくはざまでこれからは下から上への(ボトムアップ)時代へと変わっていきます。個人個人が上に向かって発信していく時代です。

何もできない人間ではなく何かをする、何か発信していく必要性があります。もしかするとこの時代に生まれ育った子どもたち特有の迷いがこのような形となって現れているのかもしれません。

自分の中にある不安や迷いを払拭して新たな時代を切り開く未来の若者に必要な迷いなのかもしれません。

いずれにせよ、反抗期はあって当たり前、なければなぜかを考えてみましょう。もしかすると自分を出せない不安を抱えている子どもさんなのかもしれません。

子どもを持つ親というのはいつまでも心配がつきものですね。反抗期一つにしてみても反抗期を経験する親の気持ち、そして反抗期がない子どもを持つ親の気持ち。それぞれどちらであっても思い悩むものです。

しかしそれは親が子どもを愛するが故の感情ですね。それだけ愛情があるのでしたら結果大丈夫です。

多少の反抗期であればあってもなくても大丈夫と子どもを信じて見守ってください。多少の悩みは親になった人にしか味わえない特権です。

YouTube子育てシリーズ

子育てシリーズ第2弾

子育てシリーズ第3弾

スポンサードリンク



サイトマップ

スポンサードリンク