【子育て体験談】赤ちゃんの綿棒浣腸で大失敗。。 | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

【子育て体験談】赤ちゃんの綿棒浣腸で大失敗。。

私は現在30代前半の女性です。普段は会社で事務の仕事をしております。夫と0歳の娘と3人家族です。

うんちが…できれば経験したくなかったです

娘が生後3か月を過ぎたころ、それまでは毎日うんちが出ていたのに、急に便秘気味になりました。2、3日でないことは大人でもあるし、まあいいかなと思っていてのですが、長い時は一週間近くうんちが出ない時もあり、ちょっと不安になりました。

便秘が心配になったので、近所の小児科を受診してみることにしました。小児科ではお腹の触診をしてもらいました。それまら、家でできる便秘解消法として、お腹のマッサージと綿棒浣腸の方法を教えていただきました。

すでに便秘になって1週間うんちが出ていない。という状況でしたので、家に帰ってから赤ちゃんのご機嫌がいい時をねらって綿棒浣腸を試しました。

最初は赤ちゃんも「うーんうーん」といきんで、固めのうんちがやっと出ていたのですが、そのあと、信じられないことが起こりました。よく大人でも便秘の後に下痢になることってあるかとおもいます。赤ちゃんもあるんですね。

水鉄砲のようにうんちが飛び出てきました。カーペットも私も床もびちょびちょ・・・しかもタイミング悪く宅急便まで来てしまいました。こんな時に限って主人は外出中。赤ちゃんが泣き叫んでいる中、ウンチまみれで荷物を受けとり、その後は大掃除。お風呂場でカーペットをゴシゴシしながら赤ちゃんのご機嫌もうかがってへとへとになりました。

たぶん、赤ちゃんの便秘は自力では治らなかったと思うので、どこかのタイミングで綿棒浣腸はやらなければならなかったと思います。でも、せめて1人でない時にやればよかったと思いました。主人がいてくれたら、宅急便に対応してくれたかもしれないのに。

洗い物をしている間、赤ちゃんをあやしてくれていたかもくれないのに、と思いました。帰宅した主人にその話をしたら大笑いされましたが、これからは慣れないことは2人いるときにしようという話になりました。

子育てはハプニング満載

小児科でも言われましたが、赤ちゃんは腹筋の力が弱いので、便秘をよくするそうです。なので、赤ちゃん本人が気持ち悪くない(機嫌が悪くない)ようでしたら、2、3日の便秘はほっといても大丈夫だそうです。

でも親としてみれは心配になりますよね。私の周りのお母さん方も、赤ちゃんが便秘になって綿棒浣腸をしたことがある方が何人かいらっしゃいます。意外とよくあることなんですね。なのでこの経験から言えることは2つ。

1つ目は、親が便秘だと思っても、赤ちゃんにとってはそれが普通(問題ないこと)であることもある。そして2つ目は、不安なことや慣れないことは1人で抱え込まない。パートナーに協力してもらうことが大切。

子育ては思わぬハプニングもありますが日々の子供の成長は見ていて楽しいし幸せなものです。珍事件も含めて、子供の成長はパートナーと共有していきたいです。

YouTube子育てシリーズ

子育てシリーズ第2弾

子育てシリーズ第3弾

スポンサードリンク



サイトマップ

スポンサードリンク