【嫁姑問題体験談】1歳の誕生日会の段取りを勝手に決められた | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

【嫁姑問題体験談】1歳の誕生日会の段取りを勝手に決められた

私は30歳の専業主婦、家族は夫と子供二人(4歳1歳)の4人家族です。それがあったのは、一番上の子供が1歳のお誕生日を迎えるときのことです。

初めての子どものお誕生日なのに…

私は初めての子どもの初めてのお誕生日だったので、私と夫それぞれの両親を招いて、お料理を作って、我が家で誕生日パーティーをしようと考えていました。それなのに、なぜか義母から、「1歳のお誕生日はうち(夫の実家)でしましょう」との提案が。

私はそれとなく、我が家でやろうと思っていたんですけど…と伝えたり、夫からも同じように伝えてもらったりしたのですが、なぜか義母も折れず、結局夫の実家で1歳のお誕生日パーティーをすることになってしまいました。

ものすごく嫌でしたが、どうにかその気持ちを飲み込み、夫の実家でお誕生日をすることにしました。当日、お料理のことも、一升餅のことも、すべて義母主導で決められてしまい、私が準備できたのはお誕生日ケーキだけでした。

張り切って準備をしていたわりには、義両親からのお誕生日プレゼント等は特になく、なんだかなと当時は思いました。恐らくそういう気持ちが顔に出てしまっていたと思います。

今思い返してみると、普段私の子育てにまったく口出しすることのない義母が、あれほどやりたがっていたのだから、義母のやりたいようにやってもらってよかったなと思います。お七夜を当時里帰りしていた私の実家でやったので、そのお返しの意味もあったのかもしれません。

お誕生日プレゼントに関しても、お料理やお餅のお金は義両親もちだったので、それがプレゼントだったのだと思います。実際ご飯は仕出しを取ってくれて、お餅も招待してくれた私の両親の分まで用意してくれていました。

かなりお金はかかったのではないかと思います。出産するまで特に仲が悪かったわけではない私でも、産後は義両親(特に義母)に対してイライラしていました。いわゆる産後ガルガル期だと思います。

特にこの1歳のお誕生日に関するいろいろが、私のイライラのピークだったように思います。今思えば、私の手間を減らそうとしてくれていたのかなとも思うし、孫をかわいがってくれてありがたい限りです。

子どもをおもっての行動だったと思います

この経験から私が思うのは、産後のお母さんがガルガル期に嫌だと思った義母の言葉や行動も、後から思い返せばそこまで嫌でもないことが多いということです。

もちろん、赤ちゃんの健康に関することなどで無茶なことをされたら無理といっていいと思いますが、そうでなければ少しこちらが折れてみてもいいかもしれません。きっと義理のお母さんも、孫がかわいくてやってくれていることもたくさんあると思います。

頭ごなしに拒否せず、これが義母でなくて実の母でも断るだろうかとちょっと考えてみるのもいいかなと思います。

YouTube子育てシリーズ

子育てシリーズ第2弾

子育てシリーズ第3弾

スポンサードリンク



サイトマップ

スポンサードリンク