【ママ友問題体験談】あなたの保育士じゃないんです | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

【ママ友問題体験談】あなたの保育士じゃないんです

31歳、主婦です。夫と娘3歳の三人暮らしです。これは娘が2歳の頃、ママ友とちょっとトラブルがありました。その時のお話です。

子どもを頻繁に預けられては困ります

私たちは夫の会社の社宅に住んでいます。社宅のイメージって、上司の奥様に気を遣ったり、昇任や、お給料のことでぎくしゃくしたり・・・。そのようなイメージがあり、最初は入居をためらっていたのですが、私の住む社宅はとてもいい雰囲気でした。

奥様方は同年代の方が多いし、子どもがちょっと騒いでお隣に聞こえても、お互い気にしません。
みなさん気さくで、楽しく住んでいました。しかし、娘が2歳の頃、あるママ友から、3歳の息子さんを少しの間預かってくれないかと言われました。

他のママ友と同じように仲良くおしゃべりをするような関係の方です。でもそこまで深い付き合いがあった訳ではなく、当たり障りのない会話をする仲って感じでした。

その方は上のお子さんが小学校1年生。下のお子さんは3歳で、上のお子さんが熱を出したので病院に連れて行かなければならない、けれどその日は雨で、免許がなく実家も近くにないので少しだけ見ていて欲しいということでした。

なんで私が選ばれたんだろう?もっと仲良しのママさんもいるのになあ、と思っていましたが、どうやら私が元保育士だから、面倒を見てくれるだろうと思ったらしいです。その時は私も緊急事態だろうと思い承諾しました。

有難いことに、預かった子はとっても優しくて、かわいらしい男の子で、娘とも仲良しでした。娘も遊び相手が家に来てくれて大喜び。お迎えに来たその方も、「本当にありがとう!助かったよ~!」と感謝を述べてくれました。

私もその時は、役に立ててうれしかったのですが、残念ながらそこからちょっと困った方へ・・・。
その後そのママ友は、頻繁に私に息子さんを預けるようになったのです。「自分が病院にいくから」
「上の子の習い事の送迎があるから」「市役所に行かなきゃいけないから」日に日に回数が増えていきます。

しかも前日ではなく、その日に突然頼まれることばかり。そして決まっていう言葉は、「さすが保育士だね!」「一人見るのと二人見るのと一緒だよね?」です。今日はちょっと無理なの、というと、露骨に嫌な顔をされるようにもなりました。

「なんで?」と理由まで聞いてきて、「家にいるならいいじゃん。○○さんの家は娘ちゃん一人でしょ?うちは上の子もいるし、それに保育士なんだから見れるじゃん」と言われてしまいました。

さすがに嫌になり、他のママ友に相談しました。すると、その方と仲の良いママ友が「さりげなく言ってあげるよ」と助けてくれました。それからはその方は私に頼まなくなりましたが、お互いに顔を合わせないようにする、微妙な関係になってしまいました。

関係をこじらせる前に

今思うと、私もこうなる前にしっかりと断らなかったことがいけなかったなあと反省しています。変にいい人ぶってしまって、結局は関係をこじらせちゃいました。でも本当に良い社宅に恵まれました。

みなさん相談に乗ってくださいましたし、私のこともお相手のことも変な噂を立てたり、邪険にせず接してくれています。ありがたいです。ママ友の関係って、微妙ですよね。

本当の昔からの友達とは少し違う、ちょっと距離もある。だからなおさらのこと気を遣わなければなりません。でも嫌なことは嫌とはっきり言わないと、後からこじれることもあります。みなさんも気を付けて欲しいなと思います。