【お金のこと】子どもの教育について親としてできること | 子どもを上機嫌にするテクニック

子どもを上機嫌にするテクニック

☆イライラ・ストレスの解消法☆

【お金のこと】子どもの教育について親としてできること

現在の日本社会では出生率低迷していることに対して様々な問題が背景にはあるでしょう。

晩婚化による未婚率の上昇、経済の低迷、核家族化による子育てと仕事の両立伴う負担怪訝等あらゆる問題があります。

このような日本の現状の中において子どもを持ったとき一体いくらあれば子供を立派に育てることができるのだろうかということを考えたことはありませんか?

某企業の調査によると生まれてから大学まで1000万~2000万の費用が掛かると言われています。それは公立なのか私立かなどでも違ってくるので違いは出てくるということです。そして医療系の大学に進んだ場合はもっと費用がかさむことになると思われます。

子どもを将来大学へ行かせるまでが親の努め!?

この大学というものに係る費用は高額で頭を悩ます家庭も多いかと思います。そこで私たちは子どもが生まれたときから学資保険などに加入することで、将来困らないようにある程度の目安を立てるという選択を迫られます。

子どもが生まれるとそれは神秘の生命の誕生に喜ばしく感動するわけですが、その大事な命を授かった瞬間から親としての責任が発生するのです。そして子どもが困らないような生活環境を作ろうと私たち親は考えます。

子どもにかける教育費をどのように考えるかは各々の家庭での違いはあれど、費用について考えることは不可欠なことになっていくでしょう。

この大学というもの、果たして親が払うべきものなのでしょうか・・・払うべきかと問いただすとそうではないという答えもあるかと思いますが、我が国の実情としては実際のところ親が払っているほうが圧倒的に多いでしょう。

高度経済成長を遂げたあと人々の暮らしは豊かになり貧富の差を感じる時代は終わりました。そして小学校、中学校に通うように当たり前に大学に行く者が多い時代となりました。そしてその学費を親は懸命に働き資金を用意するようになってきました。

でもこの大学へは何の目的で行っているのでしょうか?何となく大学へ行っている方は結構多いのではないでしょうか?

子どもには目標を持たせるための教育を与えよう

私のことをお話ししましょう。私は高校時代進学希望者が大半を占める高校、いわゆる進学校に通っていました。進学校であるので、当然入学した時から大学へ進むことは当たり前です。もちろん大学へ進学しなければならないというわけではないので就職する者もごくわずかではありましたがいました。

私は中学校時代何の考えず高校選びをしたのでそこで間違った選択をしたと今でも思っています。幸い高校に入ってから気付いたので大学へは進学しませんでした。

気付いたこととは、自分が何をやりたいかということです。その当時進学校へ進んだ私たちは大学へ行くことは当然でした。何をやりたいのかもわからずに・・・

もちろん全員がそうであったとは言いません。中には目標を定め当初から大学選びをしていた者たちもいました。では大半は?目標をもたずただ入れそうな大学へ行くという選択です。

私は意識した高校選びをしてこなかったことに気付き何をしたいのかを突き詰めて考えてみましたが、見つけることはできませんでした。自分がどんな物に関心があってどんな物が好きなのか、興味をもっているもが何なのかすらわかりませんでした。そしてそこにコミットしてチャレンジもしてきませんでした・・・

高校時代考えたことは、本来高校選びをする時点で大雑把でもよいのでこんなことを将来やってみたいという理由で高校選びをすれば良かったということです。そしてもっとそれを具体的にするために大学へ進むという選択です。

私の失敗は小学校から中学校へいくような感覚で高校に進んでしまったということです。ですので高校時代に何をしたいのかを見つけられないまま大学に行く意味はなかったのです。

よくわからないまま適当に大学に行きその間に見つければいいという考えの子もいました。しかし私にはその選択はありませんでした。なぜなら大学という教育を受けるところは、もう自分が将来見据えるものが大筋決まっているものに対し、もっと深く勉強し実現に近づけるための最後の教育機関であると考えたからです。

高校時代に将来にやりたいもの、あるいはなりたいものを探し見つけることができれば良かったのですが私にはそれがなくただ時間だけが過ぎていきました。

自分の道は自分で切り開く、探求心をもった子どもに育てよう

このように私は自分の体験による失敗を経て自分の子どもにはこうであってほしいと願うことがあるのです。私たちは大学に行くことを目的に育ててはなりません。大学へ行くことが目的ではなく、大学で何を学ぶか、そのためにどの大学へ行くことが近道なのかを教え育てることが大切です。目的なく高額な学費を払うことは意味を持たないと思っています。

もしあの時自分にとってのやりたいこと、なりたいものを見つけられていたなら、私は親に大学費用を払ってもらい大学に通ったであろうかと考えることがあります。当時の私は大学へは進みませんでしたが、もしあの時将来の自分を見据え目標があったとしたならば、私はおそらくですが自分の力で大学へ行ったであろうと思います。

子どもの教育費とはどうとでもなる

お金はなくても大学へ通う方法はあります。奨学金、就学援助制度、教育ローン(親に後に返すという方法)ほかにも調べてみるといくつかの方法があります。本当に自分が行きたい学校であるならそうしてまでも自分がやるべきだと私は思っています。

そしてもしもそのために回り道をすることになったとしても、可能にする方法を自分で模索してほしい、将来の目標のために…その努力は並大抵のことではないと思いますが自分の道を自分の力で切り開く能力を培ってもらいたいと願います。

そして自分がその学費を払うことにより大学という教育現場で勉強をすることは1分1秒を無駄にしない子どもになると思っています。

人から与えてもらったものの上にあぐらをかき時間を使ってしまうことはお金と時間を捨ててしまうようなものではないでしょうか…捨てるという言葉は大げさかもしれませんが、要は自分の力でやったことに勝るものはないと思います。それは強い信念を生み出す原動力となるでしょう。

このような考えかたである私は、子どもが将来自分の目標を見つけられるような教育を与えてあげたいと思います。そこにはかけがえのない気付きを与えてあげられるチャンスが盛り込まれていると思っているからです。

そのために、親である私たちは大学という場所で学びたいのであるならば自らの力でという自立心を育てることが先決であると考えます。つまり自立心を育てるべくあらゆる可能性への糸口を見つけさせてあげることです。

そのうえで子どもには内緒で資金を貯めてあげることも良いでしょう。ですがそれを最初から子どもには言わず子どもの本気度を高めるように育てていくことが重要であると私は考えます。

まとめ

そして一番に思うことは、親は大学に備えた費用を貯めることを優先するのではなく、幅広い知恵を与えてあげることだと思います。それは子どもにいろいろな経験をさせてあげることで子ども自身が知らなかったこと、気付かなかったことに大きく近づけるチャンスを幾重にも差し出してあげることだと私は思っています。

そしてもっと言うなら個人の能力をに伸ばすことによって大学へ行く必要性もない時代がくるのではないでしょうか…つまり人間が本当に学びたいと思ったならば、将来の目標によっては大学へ行かずともできるということです。大学へ行くことだけがすべてではないということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTube子育てシリーズ

子育てシリーズ第2弾

子育てシリーズ第3弾

スポンサードリンク



サイトマップ

スポンサードリンク